お母さんを選んで生まれてきたって、ほんと?|まことしやかに囁かれていること

札幌占い当たるemico&INYODO
目次

母はわたしを男の子だと思って生んだ

ママたちの間で、赤ちゃんが、ママを選んで生まれてくるという話

わたしは正直、「それはどうかしら?」と思っていたし、「そんな胡散臭い話は、信じないぞ!」と、かなり頑なに斜め上からの目線で、この話を右から左へ受け流していたのです。

占星術師 emico

「信じたい人は信じればいい。でも、わたしは、いいや。」って。

どう考えたって、わたしが母を選んで生まれてきたとは思えなかったし、わざわざ、なぜにこんなにめんどくさい家を選ばなきゃいけなかったのか。

全く理解ができなかったからです。

わたしは、こんな家になんて生まれてきたくなかった

それが、本当に本当のわたしの本音だったからです。

わたしは、4月2日生まれなのですが、この誕生日も、実はずっとコンプレックスでした。

ご存知の通り、4月2日は遅生まれのトップバッターです。クラスの、いえ、学年の誰よりも年をとっている。新学期が始まった時には、すでに一つ年をとっているんです

さらに言えば、春休み中なので、そもそもお誕生会がしにくいのです。

クラス替えがあったり、新学年で、それどころじゃない。

それに、これがわたしの「こんな家に生まれたくなかった!」の根源なのですが、父が転勤族でほぼ1年ごとに転校をしていたから。

赴任日はたいてい4月1日付で、2日の誕生日は、家族でもお誕生会どころではなく、ダンボールに囲まれた中で、友達にもらったお別れの手紙を読んでは、涙で目をいっぱいにしていました

誕生日の思い出は、そんなものばかりです。

どう考えたって、わたしがこの家を選んで生まれてくるとは思えないのです。

大好きな友達との別れはとても悲しかったし、新入生として通う学校は、校舎もグランドも、薄い灰色としてわたしの目に映っていました。

感情って、色として目にに見えるものなんですね。大人になって、気が付きました。

あの灰色の景色は、私の悲しみの色だった・・・・・・

そんなわたしが、最近気づいたことがあるんです。

わたしはどうして、この日に生まれてきたのか。

わたしは、普通に産気づいて生まれてきたわけではないんです

スクスク大きくなっていったのですが、母のお腹は縦にびよーんと膨らんでいました。

お腹が縦に大きくなる。それは、男の子の時に現れる現象だそうで(当時はそう言われたらしいです)親戚中に男子が生まれると思われていました。

それからも、どんどんわたしは大きく育ち、小柄の母が普通には産めないような3700gというビッグベビーに育っていったのです

ある日、母は先生にこう言われます。

大きすぎて、普通分娩はできないから、帝王切開でいきましょう。3月31日と4月2日と日付を選ぶことができますが、どうしますか?」

さて、問題です。

私の母は、どちらの日付を選んだでしょう?

あ、すでに、答えはお話してしまいましたね。

そうなんです。

母は帝王切開の日付に、4月2日を選んだのです

なぜだと思います?

占星術師 emico

わたしを男の子だと思っていたから。

男の子は、体も弱いし成長も遅い。だから、遅生まれの子供にして、ゆっくり大きく育てよう。そんな親心から、わたしは、ずーっと嫌いだった4月2日生まれになってしまったんです。

両親の愛ゆえに、わたしは、こんな誕生日になってしまった。残念なことに。

今、私には二人の子供がいます。

占星術師 emico

二人の子供を産んで育てていて、ちょっと、思うことがあるんです。

もしかすると、わたしは4月2日を選んで生まれてきたのだろうか?

  • 4月2日に産んでくれる、やさしい母を選んで生まれてきたのだろうか?
  • 4月2日に生まれたかったから、どんどん、大きくなったのか。3700gまでに。
  • 4月2日生まれたかったから、母のお腹を縦に膨らませて、男の子だと偽装したのか。

人生を振り返ると、一つだけ、4月2日に生まれてきてよかったって思っていることがあるんです。

4月2日に生まれてきたから、出会えた人達がいる

4月2日に生れていなかったら、あのクラスで、あの友達と出会えなかったし、あの先生にも出会えなかった。

  • お別れすることが悲しかった、大切な友達とも出会えてなかった。
  • あの彼と付き合うこともなかったし、あの大学にだって入学できなかった。
  • あの会社に就職もできなかった。
  • あの旦那とも出会えず、結婚もできず・・・・・・この子たちとも、会えなかった。

だから、きっと。いえ、絶対。

この日付を選んで計画的に、生まれてきたはずなんです。自分の意志で!!

今、わたしは、そんな風に思っています。

かなりな、確信犯としてこの世に生まれてきたはずです。

転勤族の父の妻である母を、わざわざ選んで生まれてきました。

生まれてくる前に、かなり計画を立てたはずです

だって、会わないといけない人がたくさんいたんですもの。

あの人と、あの人と。それから、この人と、あー、あの人も。

みんなと会うために、男の子のふりをして、大きすぎるほどに成長して、4月2日を選んで生まれてきました。転勤族の父の子として生まれなければ、みんなに会えなかったはずなんです。

わたしが試練だと思っていたこと、何もかも、すべてわたしの計画どおりです

「すぐ、さぼるから、この辺でこんな壁を作っておこう。そうしたら、こんな風にがんばって、その壁ぶち壊して、あの人に出会う道を作るはず。」

「ちいさな障害だったら、簡単にクリアしちゃうから、難しめにしておこう。」

「あ、でも、難しすぎるとやる気が出ないから、ちょっと、抜け道も用意しておこう。」

生まれてくる前のわたしは、用意周到に、綿密に、わたしが楽しく人生のゲームをクリアできるように、たくさんの仕掛けとお楽しみを用意してきました。

わたしは、それにまんまと引っかかって、右往左往してあたふたしながら、生きています

なんだか、ちょっと、悔しいぞ。

だから。

これできないとか、これ難しすぎるとか。

こんなはずじゃなかったとか。どうして、わたしばっかり・・・・・・・とか。

そんなの、絶対に間違っている

楽しくて面白くて、やりがいのある人生を送れるように、わたしが、シナリオを書いて生まれてきました。

そのシナリオを叶えてくれる父と母を選んで生まれてきたのです。

今の私なら、胸を張って、そう言うことができます

占星術師 emico

きっと、みなさんもそうなんじゃないかなって思うんです。

こうやって、みなさんとお会いできたのも、一緒の時間を過ごすことができるのも、わたしが、母を選んで生まれてきたから。

みなさん自身も、こうやって、このタイミングでわたしと出会えるように、きっちりと策を練って、あなたのお母さんを選んで生まれてきたはずなんです。

  • そう考えた方が、わかりやすくないです?
  • そう考えた方が、面白くないです?
  • そう考えると、つじつまがあってくると思いません?

だから、わたしは、この考え方を採用しました

わたしは、母を選んで生まれてきました。

嫌でしょうがなかった、4月2日っていう誕生日も、そこを狙って生まれてきました。

これ、どう考えても本当の話なんじゃないかと思うんですよね。

真実じゃないかなって・・・・・・。

信じるか信じないかは、あなた次第なのですけれどね

占星術師emico
この記事を書いた人
占星術師&INYODO店長 emico

その人が生きやすくなるためには?本当のしあわせは?を大切に星を読んでいる。西洋占星術を使ったオンライン・対面鑑定依頼はコチラ→

得意な占術:西洋占星術、手相、宿曜日占星術、数秘術、タロットカード、オラクルカード。占いを受けた方の感想はコチラ→

Twitterはコチラ

札幌占い当たるemico&INYODO

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる