お気軽にどうぞ ☎011-522-5555✉お問い合わせ

私の知り合いが病気から回復するか?タロットでわかりますか?

札幌占い当たるタロットカード

タロットについて

知り合いが、病気から回復するかわかりますか?

とちょっと質問が来ていたので

占星術師 emico

こちらからお答えしてみたいと思います。

目次

占いでは、基本、人の生死を占うことはタブー

占いでは、基本、人の生死を占うことはタブーと言われています。

ギャンブルも勝負事の勝敗もでしょうか

若かりし頃の私は、とんがっていたので(^^;

「当てられないから、そんなこと言うんでしょ?」

と上から思っていたのですが、

占星術師 emico

今は答える側なので、もうちょっとましな答えを出せます。

タロットは、現在の状況や問題と解決策などを読み取る占い

タロット占いは、朴術(ぼくじゅつ)と呼ばれ、

偶然性から、現在の状況や問題と解決策などを読み取る方法です

今現在の状況から想定しうる未来を占うという感じですね。

生死を占うような類のしつもんは、えにくいかもしれません

占星術師 emico

ここで占いについてのおさらい

占いの種類は3種類

命(めい)術、卜(ぼく)術、相(そう)術の3種類に分けることができます。


①命術(めいじゅつ)
生年月日、時間から、求められるデーターにより、持って生まれた運命や宿命を読み解く占いです。
「命」とは、運命や宿命の「命」。

例:西洋占星術、四柱推命、算命学、数秘術など

誕生日から、その人の強さや、得意なこと苦手なことなどを丁寧に読んでいきます。
これで、生きる方向性や悩みについても、どう捉えたらいいのかということが見えてきます。


②卜(ぼく)術
カードや、サイコロ・コインなどの道具を使って、偶然に現れた象徴から物事の吉凶を占うものです。

例:タロットカード、オラクルカード、トランプ、おみくじ、易など

そのときそのときの、運の流れを読み解くものなので、今現在のこと、そのときどういう行動をすべきなのかなど、実際に動いている事柄によって変わりゆくものを見ていく占術です。
選択や決断するときに、お告げのように受け取ることが多い占術です。


③相(そう)術
人相や手相などの形あるもの、顔や手の形、足の大きさ、家の間取りや名前などから、その人の吉凶や、生まれ持った運命などをみていく占いです。

例:手相、人相、姓名判断、風水など

形をもとに占うものなので、家を建て直したり、家具の配置を変えたりするだけで、運勢が変わってくるとされています。

詳しくはこちらの記事に書いてますのでどうぞ♪


その人の人生の流れのようなものは、

命術とされる、生年月日を使った占いの方が適しています

タロットで読める未来としても一般的に

1か月から長くて3か月ぐらいだとされています。

タロット占いが得意なものとしては

「今の彼の気持ち」のようなものですね

ただ、これも占い師によってそれぞれのやり方があるので、

その人によるというところかもしれません。

結論としては…

  • 今、その知り合いの方がどんな状態にあるのか。
  • それによって、近い未来にどんな事態が考えられるのか。

そういう形だと、なかなか、興味深い結果が出てきそうです。



その人の人生ということであれば、命術が得意分野です。

占星術は命術の一つです。

占星術で死期について語るときに、私が好きな話があります

幸運の星が死期を読める場所に入ってきたとき、

亡くなる人も多いのだということ。  

たとえば、闘病中だったり苦しい思いをしている人であるなら、

肉体から解放されることが、幸福につながるんでしょうね

そんな風に考えると、人の運命って数奇なものだなぁと

しみじみ思っちゃいます。

占星術師emico
この記事を書いた人
西洋占星術師&星カフェいんよう堂店主 emico

プロ活動9年で鑑定歴5500名以上。幼少から難解な西洋占星術を読み解き始め占星術歴40年

本格活動してすぐに、予約の取れない占い師と言われる。今で地元札幌北海道のみならず、南は沖縄から本州や海外からも鑑定依頼多数

働き方サポートで400名以上、年間100回以上のイベント開催経験から占い講座や占いイベントサポ―トなどでも好評を得ている。

得意な占術:西洋占星術、手相、タロットカード、オラクルカード、宿曜日占星術、数秘術。占いの感想はコチラ→

新月の目標シート無料プレゼント中!LINE登録はコチラ

札幌で占い当たるemico&INYODO
なんで自分ばっかり…悩んでいませんか?
札幌占い当たるタロットカード

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次